Service 01Strategic PR 戦略広報

TAKKの目的
自社の広報スキルを向上させる
サービスをご提供いたします。

企業価値を高める戦略広報の実施について

TAKKは、
「企業PR・商品PR」を行う為の戦略や組織構築を、
戦略広報とプロジェクトマネジメントの側面から
お手伝いさせて頂くスペシャリストです。

TAKKがGoalとするもの
広報活動によって社会との良好な関係を日頃から構築し、
企業・商品・サービスに対する信頼度を高める

Understanding PR

広報の理解について

広報・広告・販促の違い

広告と販売促進は、売り手(広告主)と買い手(生活者)とのコミュニケーションを図り、結果として「モノやサービスを売る」という目的では、車の両輪のように切っても切れない関係です。広告で「認知・理解・購買意向」を高めることで突破口を開き、その後に販売促進が連動して「購入を促進する」フォローを行うことで、生活者(消費者)を購買行動まで誘導します。また広告や販売促進は、例えば新商品が発売されたときに集中的に実施し、短期間でその効果を求める施策でもあるため、薬に例えると「抗生物質」のようなものです。広報はLOVE ME、広告はBUY ME、と定義しています。

広報の領域と位置付け

カバーすべきコミュニケーション領域やメディアはかつてないほど多様化し、広報部門が果たすべき役割も増えている。旧態依然たる広報の理解から抜け出し、社会に必要とされる企業市民としての「人格」を、多様なステークホルダーに的確に発信することが必要です。社内外全てのステークホルダーから「企業に対する好意」や「社会との良好な関係づくり」を達成することが、企業の価値と捉えられる時代になっており、これを達成する戦略広報は非常に重要な役割を果たすコア機関となり得るのです。

About Strategic PR

戦略広報について

戦略広報とは

経営戦略に基づく広報(=戦略広報)の構築・育成・運営・独り立ちまでサポートする事業です。中長期の経営戦略に伴走し戦略広報を策定し実行していきます。これは企業価値へと醸成し、様々な経営効果を発揮します。単に企業情報を発信する下流の広報ではなく経営戦略を基盤とする上流の広報を行い、またその業務を組織化し、御社で持続可能な母集団へと成長させます。

戦略広報業務フロー

広報を企画経営の中核にすえて、長期・短期の計画を明確かつ綿密に立案(PLAN)し、広報スキルを段階的に身につけながら、立案した計画を着実に遂行(Do)し、その結果を的確に評価(Check)して、計画や広報の手法にさらなる改善を加える(Act)。
そして、長期的かつ持続可能な体制や知識、スキル、ツール、および技法を自社(御社)に根付かせ、プロジェクト活動(組織)へと適用していきます。

戦略広報の体制

他部署から人を集め、縦割りの広報組織ではなく横ぐしの広報組織を作り、組織の全体最適を行います。その為、複数部門からメンバーを選出し、戦略広報チームを立ち上げます。会社の様々な情報を正確に把握することができ、他部署間の連携も強まりインナーブランディング組織にも成り得ます。そして、戦略広報活動の第一歩となる、広報活動の目標を設定します。
経営戦略に基づき“ありたい姿”を描く、すなわち、「1.どのステークホルダーに?」「2.どのように思われたいのか?」をしっかりと描き、その目指すべき姿の共有化(価値観の統合)を行うことが重要になります。

戦略広報のメリット

戦略広報を実施することの最大メリットは企業価値の向上だと考えています。その価値は大きく2つに分類され、事業基盤の構築と人材強化基盤の構築です。戦略広報によって、この2つの軸を強固な軸としていきます。それらは確実に企業価値を向上させます。つまり、戦略広報は経営戦略へと成るモノだと考えています。